射出成形とは

成形、バイブレーション溶着、塗装、組立まで一貫生産体制によりお客様のニーズに応え、インジェクション成形の新しい可能性を探る

現在、プラスチック成形品の多くはインジェクション(射出成形法)によって生産されています。 共伸プラスチックにおいても、主力生産部門であるインジェクション部門には、多品種少量から 大量生産にいたるまでユーザーニーズに幅広く対応できる生産システムが整えられています。 当社では、このインジェクション部門において特に独自技術の開発に力を注ぎ、従来では 他の成形法によらなければ不可能とされていた製品にまでその応用範囲を拡大しています。 また、一般的な射出成形による製品のうち成形が複雑・困難とされているものに対しても 果敢にチャレンジし、成果を上げています。こうした先端技術、精密な成形が可能かつ環境に やさしい電動射出成形機の多数導入などの意欲的な取り組みが、当社製品の生産合理化・ 低コスト化を実現しているのです。

射出成形では「ペレット」と呼ばれる粒状の樹脂を熱に溶かし、 高圧をかけて金型に流し込む成形法で、プラスチック製品 の成形法としてはもっともポピュラーなものです。 近年、金型製作および成形新工法の技術向上とともに、 きわめて複雑な形状を持つ製品についても大量生産が 可能となっています。共伸プラスチックでは、長年の経験と 技術をもとに数々の実用新案出願の実績を生かし、 材料の選定、試作品の製作、製品設計に至るまでさまざまな アイデアを提供し、ユーザーニーズに応えています。

お問い合わせや技術相談についてはこちらから

お電話やフォームからでもお気軽に問合せください。